歯科医師会の活動履歴のページです

平成24年度 浜松市医療奨励賞をいただきました。

この度 浜松歯科医師会の在宅歯科、介護専門部会が“地域包括ケアシステム構築に向けての歯科医師会の取り組み”について、浜松市より医療奨励賞を授与されました。

医療奨励賞は、市内に所在する医療機関において医療に従事する医師、歯科医師のうち、浜松市の医療技術の向上をはじめ、保健・公衆衛生活動など市民の健康保持等に寄与したと認められる医師、歯科医師の個人または団体に対して授与するものです。

在宅歯科・介護専門部は各地域包括支援センターと共同して多職種連携などの演習事業を開催しケアマネジャーや介護サービス事業者等の教育、お互いの職種の確認や情報の共有等を行い各地域においてより良い連携がとれるようにしてまいりました。今後ともさらにスムースな連携がとれるように努力してまいります。

地域包括ケアシステムとは、「要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるシステム」のことです。
 
CIMG0735.JPG-2 CIMG0733

CIMG0732 CIMG0731

“あなたの食べ方は大丈夫?-専門家からみた正しい食べ方-

1月18日(日)14:00から16:00までプレスタワー17階にて平成26年度第2回市民公開講座が開催されました。
今回の講師は、日本大学松戸歯学部障害者歯科学講座教授の野本たかと先生でした。

多くの一般市民の方々、市の関係者、介護関係者、衛生士、歯科医師会の会員など100名近く参加されました。
講義内容は、食育とは何かという話から、摂食機能の獲得段階には8段階があり、それぞれの段階で支援することの重要性をわかりやすく講義していただきました。障害者だけでなく乳幼児、高齢者など幅広い分野で活用出来る内容でした。
質疑応答では市民の方々から多くの質問がでて大いに盛り上がりました。
 
hamashi2015119-1 hamashi2015119-2

医療救護訓練が行われました。

去る11月16日午前8時30分より11時30分まで、東区中郡中学校におきまして 医療救護訓練が行われました。 我々浜松市歯科医師会はもちろんのこと、浜松市医師会、薬剤師会、市職員、病院医師、看護師、消防士、学生、一般市民の方など総勢1000名に及ぶ医療救護訓練でした。 大規模災害が発生したことを想定しての訓練で、傷病者の誘導や、けがの程度の識別、 応急手当の行い方や搬送の際の訓練等、緊張感のある訓練でした。 いつ起こるとも限らない災害に備えて、市民の皆様も今一度災害発生時の避難場所等のご確認をお願いいたします。
 
blog1 blog2
blog3 blog4
blog5 blog6
blog7 blog8

~いい歯の日~ 記念式典開催されました

11月8日(土)15:00より遠鉄百貨店新館8階「えんてつホール」にて、「浜松市歯科口腔保健推進条例及び計画」制定記念式典 及び いい歯の日記念講演が開催されました。
市政関係者、医療関係者だけでなく多くの市民の方々にお越しいただき、開会時にはご用意いたしました500席が足りなくなるほどでした。  この浜松市歯科口腔保健推進条例とは、私ども浜松市歯科医師会や浜松市、保険医療等関係者および事業者が責任を持って浜松市民の皆様の生涯にわたる健康づくりに寄与することを目的としております。     
式典では歯科保健図画、標語コンクールにおいて全国最優秀賞を受賞された2名の方の表彰と8020コンク-ルで表彰されました方へのインタビューなどが行われ、また静岡県歯科医師会会長柳川忠廣先生による「歯から健康生活」、元バレーボール日本代表山本隆弘氏による「意志力~生活習慣における継続の重要性~」と題してご講演いただきました。  この条例制定を期に私ども浜松市歯科医師会は市民の皆様の歯の健康のため、今まで以上に地域医療に貢献してまいります。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 
1 2
浜松市長 鈴木康友 氏 浜松市歯科医師会会長 平野明弘 先生
3
表彰式後に浜松市長 鈴木康友 氏と記念撮影
左 平成25年度「歯と口の健康に関する図画ポスターコンクール」全国最優秀賞 内藤孔稀 様
右 平成24年度「歯、口の健康啓発標語コンクール」全国最優秀賞 団亜佑美 様
4
8020インタビューを受ける 河合こまつ様 現在99歳で26本!
5
講演「歯から健康生活」 静岡県歯科医師会会長 柳川忠廣先生
6
講演Ⅱ「意志力~生活習慣における継続の重要性~」 元バレーボール日本代表 山本隆弘氏
7
会場写真

~広げよう口から始める健康づくり~

10月26日(日)14:00より、プレスタワー17階静岡新聞ホールにて、第1回市民公開講座 歯とお口の健康セミナーを開催致しました。

当日は、雨が降る中でしたが会場いっぱいとなり、座席が足りなくなるほどの来場がありました。 今回は介護、ケアの話がメインですが、市民の方だけでなく、医療関係の方、介護関係の方、と大勢お越しいただきました。
 
講義内容は、口腔ケアの起源歴史的な話から、現在の高齢社会に口腔ケアがどれほど重要であるかを図説しわかりやすく講義して頂きました。

参加者は一般市民の方61名、医療関係者42名でした。
 
pic1
pic2
講師の阪口英夫先生です。
講演ありがとうございました。
 
浜松市貯めよう健康ポイント
うごく&スマイル ポイント事業
 
pic3
pic4
受付にてアンケート記入
ありがとうございました。
 
講演開始前なのにこの状態
満員御礼です。
 
pic5
pic6
資料を見ながら受講される皆さん。

 
講演は、このような会場でした。席が足りず、すみませんでした。
 
pic7
pic8
講演中の阪口先生

 
真剣にメモを取り
講義に聞き入る受講者の皆さん。
 
pic10 pic9
阪口先生も壇上より降りてより
皆さんの近くで熱弁を。
 
外は、こんな感じで薄暗く、雨も結構降っていました。プレスタワー17階より
 
Page Top ▲