歯科医師会からのお知らせのページです

多職種連携研修会資料ダウンロード

令和3年3月4日開催、(一社)浜松市歯科医師会主催の多職種連携研修会(オンライン研修会)のご視聴、ありがとうございます。

この研修会に関する資料は、以下の通りとなります。
クリック頂き、お知らせしたパスワードをご入力の上、各資料のダウンロードをお願いいたします。
なお、すべての資料は同じパスワードでダウンロードできます。

 

① 歯科医師会主催多職種連携研修会次第

 

② 歯科医師会主催多職種連携研修会配布資料

 

③ 浜松市障がい者歯科保健医療システム

 

④ 歯科医師会主催多職種連携研修会アンケート

『はままつ歯と口の健康フェスタ2020』中止のお知らせ

令和2年6月7日(日)に開催予定の、はままつ歯と口の健康フェスタ2020ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを考慮し、中止することになりました。
楽しみにしてくださった市民の皆様には、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

○中止イベント内容
はままつ歯と口の健康フェスタ2020 

日時:6月7日(日)午前9時30分~正午

会場:アクトシティ浜松展示イベントホール、みをつくし文化センター、天竜保健福祉センター

当日会場で実施予定でしたすべてのイベントは中止になりました。

 

 

第1回浜松市歯科医師会市民公開講座の中止のお知らせ

令和2年4月19日(日)に開催予定の、第1回浜松市歯科医師会市民公開講座ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを考慮し、講演を中止することになりました。
開催を楽しみにしてくださった市民の皆様には、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

浜松市歯科医師会は、「はままつオレンジリボン運動応援隊」です。

オレンジリボン運動は、「子育てにやさしい社会」の実現を図るため、子供や子育て家庭を温かく見守り「児童虐待のない社会」を目指す市民運動で、オレンジ色は子供たちの明るい未来を表しています。
浜松市歯科医師会は、オレンジリボン運動の趣旨に賛同し、「はままつオレンジリボン応援隊」として、地域に子供たちの笑顔があふれるようにオレンジリボン運動を応援します。

・児童虐待の防止・オレンジリボン運動については、こちら
・はままつオレンジリボン運動応援隊については、こちら



中日新聞 コラム 第13回

子どものお口の健康②

広報部 本目 恵子

生後4~5カ月ぐらいは離乳準備期といい、乳首以外の手や指をなめたり、おもちゃを舐めたりする食べる機能の準備行動です。脳が著しく発達し、口が色々な刺激を受けていく中で、口の敏感さも取れ、乳首以外のものを受け入れやすくなって哺乳反射がだんだんと消えていき、固形食をうまく食べる為の準備、離乳への準備として重要になってきます。
離乳食の開始から完了までの流れは口唇を閉じて飲み込めるようになる初期(ゴックン期)、舌と上顎で食べ物をつぶして飲み込めるようになる中期(モグモグ期)、歯ぐきでつぶせる後期(カミカミ期)、歯ぐきと歯でかみつぶせるようになる完了期(歯かみ期)に分かれます。
1~2歳は、「介助食べ」から手づかみで食べる「自立食べ」への大事な移行期に入ります。前歯を使って一口量を噛み取り、奥歯でつぶす事を学習する時期です。離乳食が終わってすぐに大人と同じ物は食べることは出来ません。乳歯が全部生え揃って噛み合う3歳までは食べられない食材もありますので注意してください。(塊の肉・もち・トマト・レタス・わかめ・豆・練り製品・イカ・えび・きのこ等)
正しい口腔機能を獲得しないと、歯並びや発音、顔の形にも影響を及ぼします。食べる事の大切さを乳幼児期(歯が生える頃)から歯科医院で指導を受けることをお勧めします。

Page Top ▲