歯科医師会からのお知らせのページです

中日新聞 コラム 第4回

活躍の場 今後も拡大

鈴木慶太理事

歯科医院の診療では、われわれ歯科医師とともにチーム医療にかかせないのが歯科衛生士です。三大業務には、治療器具を準備して歯科医師をアシストする診療補助をはじめ、歯垢や歯石を除去したり歯の表面をクリーニングしたりする予防処置、患者へ歯のブラッシングや歯間ブラシの使用法などを説明する歯科保健指導があります。
長年、歯科医院に訪れる患者さん中心にこれらの治療や処置を行ってきましたが、近年は妊娠中の母親から乳幼児、学齢期、成人、壮年期、高齢期と全てのライフステージで、口の病気予防に重点をおく地域歯科医療を行う時代に変わってきています。日本歯科医師会でも、①歯の治療から食べる幸せへ②歯から口腔へ③診療室から必要な人の所へ―と、三つの柱を掲げています。しかも、超高齢社会を迎えて在宅での療養が推進され、歯科の介入はますます必須の状況になっています。
歯科衛生士による口腔ケアの効果によって、死亡原因の上位にある誤嚥性肺炎の予防や、口から食事を取るという事で命をつなぐのみならず、生きる力の励みになっていくと思います。生活の質の向上によって、最期まで人間として生命の尊厳を守り、人生を楽しんで生きたいという期待に応えるため、口腔内の治療という事だけではなく、予防や地域歯科保健活動、介護の分野でも多職種と連携していく歯科衛生士の活躍する場面はこれからさらに広がっていきます。
 

中日新聞 コラム 第3回

親のチェック 習慣に

浅井浩志理事

最近の保護者の歯と口に関する子供への関心事は、授乳、卒乳、離乳食に始まり、歯みがきや歯並び、さらには指しゃぶりの癖、噛み合わせまで多岐にわたって います。初めての公的健診である一歳六カ月児健診では、虫歯の有無などの病気や異常を発見するだけでなく、生活状況を理解した上で気掛かりなことを、専門 家に相談できる健診の場が求められています。
一歳六カ月児で虫歯があるのは2~3%ですが、三歳児では約20%に増加します。三歳児健診では、一歳六カ月児健診後の成長や生活環境の変化を、母子健康 手帳を活用して把握し、保護者とともに解決策を考えて支援していきます。五歳児では約半数に虫歯があり、それは奥歯の歯と歯の間の虫歯です。
子供の奥歯は十一~十二歳まで使うので、歯と歯の間は糸式ようじなどのデンタルフロスによる清掃を指導しましょう。また歯質を強化保護するためには、歯科 医院や保健センターでのフッ化物の歯面塗布や、奥歯の溝をプラスチック材料で封鎖するシーラント処置が効果的です。受け口のような遺伝や、口の癖が関係す る噛み合わせの異常に関しては、就学前にかかりつけ歯科医院に相談しましょう。
当たり前のようですが、お母さんが子供の口の中をよく見る習慣をつけることが予防には効果的です。歯の汚れ、虫歯のなりかけ、歯並びの異常などに気がつく事があります。まだ早期に対応できるので、子供にとっても負担が少ないといえます。
 

中日新聞に掲載されました!

2014年5月2日の中日新聞に「歯と口の健康フェスタのポスター制作」の記事が掲載されました!
 

中日新聞 コラム 第2回

プロのケア受けて

浅井浩志理事

妊娠7週目、つまり妊娠に気付いた時にはすでに胎児の大きさは体長十ミリぐらいあり最初の乳歯の芽ができはじめます。
妊娠十週目では二十本すべての乳歯の芽ができています。
これらの芽は妊娠四カ月のころにはカルシウムを沈着し、石灰化が進みます。
また「六歳臼歯」とも呼ばれる一生使う第一大臼歯もでき始めます。
昔から「子供を一人生産むと一本歯を失う」と言われていますが、妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなるということはありません。
確かに妊娠中の十カ月間は女性ホルモンの影響により歯肉炎が起こりやすくなります。
また、つわりのため食べ物の好みが変わり、食事回数の増加やつまみ食いが増えます。
歯磨きも気持ち悪くて思うようにできず、口の中が不潔になるため、虫歯や歯周病が起こりやすい環境になっています。
この時期には小さめの歯ブラシを使い、体調の良い時間を選び、顔を下に向け、奥から掻き出すようにして歯磨きをするとよいでしょう。
子供の虫歯菌の由来は母親である可能性が高いので、生まれてくる赤ちゃんのためにも早めに妊婦歯科健診を受け、必要があれば虫歯を治療して口腔内の虫歯菌の数を減らしておきましょう。
できれば、歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることが大切です。
また、子供に虫歯菌が感染して定着する時期は、一歳七カ月から二歳七カ月のため、この時期の食べ物の口移しやスプーンなどの食具の共有も控えましょう。
 

中日新聞 コラム 第1回

多く残して長生きを

平野明弘会長

8020運動を知っていますか? 「80歳以上になっても20本以上の自分の歯を維持しましょう」と歯科医師が推奨している運動です。
仮に20本以上の歯がなくても、被せ物や入れ歯などの治療で、しっかり噛めるようになることも含まれています。
年をとっても自分の歯を多く残すことにより、おいしく物を食べたりお話を楽しんだりして、健康で長生きすることを目指しています。
達成するには一人ひとりが「歯と口の健康」が大切である事の気持ちを持たなくてなりません。
口は消化器官の第一歩であり、入り口です。そのため歯と口の健康づくりや、口の機能の維持管理は生涯を通して非常に大切です。
4月から浜松市歯科口腔保健推進条例が施行されました。行政と市歯科医師会が連携し8020運動を広めていきます。
歯と口の健康は、赤ちゃんが産まれてくる前、お腹の中にいる時のお母さんの口をチェックする「妊婦歯科健診」から始まります。
続いて「一歳六カ月児健診」「三歳児健診」「学校健診」「歯周病検診」「訪問診査」「在宅診療」「障害者診療」など、年齢ごとに行われます。
また、糖尿病やがん等の全身の病気と「歯と口」の関連性は高く、各ライフステージにおいて医師や薬剤師など多職種の皆さんと連携して治療、口腔ケア、機能向上なども行っています。
次回より詳しく解説をしていきます。
 

3 / 41234
Page Top ▲