歯科医師会の活動履歴のページです

令和元年度 防災訓練が実施されました。

令和元年8月29日(木)令和元年度(一社)浜松市歯科医師会 防災訓練が実施されました。

 

第1本部(浜松歯科衛生士専門学校2Fホール)
午後1時に大野本部長による災害対策本部設置宣言がなされ、第1本部が立ち上がりました。第1本部では役割の異なる5つの部会にそれぞれ分かれ、部会ごとに手順書に従って本番さながらの訓練を行いました。

〈主な訓練内容〉

・災害時メーリングリストの受信、出動可能会員の名簿作成、衛星携帯電話の通話確認

・ポータブルユニット等機材の点検及び稼働の確認、緊急時歯科医療体制の検討と口腔ケア班整備の検討

・備蓄品の点検確認及び補充品の検討、発電機の点検

・身元確認機材の確認

・衛生士学校備蓄品の点検確認

・アマチュア無線を用いた医療救護本部の無線通信の傍受、浜松市医師会との交信訓練

 
 

第2本部(浜北保健センター)
災害発生時速やかに第2本部を立ち上げ、第1本部と連携を取るよう訓練をしました。
晴天に恵まれ、衛星電話の通信も問題なく繋がりました。
今年から衛生電話を県歯とも繋げることとなり、県歯、第1本部、第2本部の三か所でやり取りを行いました。初めてのことでしたが、キーワードをしっかりと送ることができました。
また、機械の動作確認も行いましたが、電化製品を同時に動かした時、発電機の容量の問題が検討課題としてでてきました。

 

〈応急救護所〉
計58ヶ所の応急救護所に浜松市歯科医師会会員が出動し、防災訓練を実施しました。主に災害時の患者の動線や患者への対応法の確認を行ないました。

 

 

Page Top ▲