歯科衛生士歯科助手違いを知っていますか?

歯科助手は、受付事務や診療のための雑務を担当する仕事です。歯科助手には歯科衛生士のように国に認められた資格はありません。
そのため、スクールなどで独自に作った資格を1~2年制のコースで取り、学んでいます。
歯科医療の現場では、歯科衛生士が不足しているので歯科助手がその穴を埋めているといわれています。

歯科助手の学校に通う多くの学生たちは、歯科衛生士の資格について知らなかったり、
歯科助手になってみて歯科衛生士と待遇が大きく異なっていたり、
歯科衛生士に比べ業務範囲が少なく雑用ばかりであったりという場面に直面し、歯科衛生士資格の重要性に気づきます。

あなたの力が必要です。 いま、歯科衛生士不足しています。

歯科医院に対しての歯科衛生士の数が足りていません。
今後、高齢化社会であり、もっと歯周病治療を行わなくてはならない患者が
いっぱいいるにもかかわらず、治療できていないというのが現状です。
歯科衛生士が増えることで、しっかり歯周病治療を受けられる
患者さまが増えていきます。

歯科医院だけではなく、歯科衛生士の資格が活かせる職場が沢山!
  • 総合病院
  • 大学病院
  • 介護施設
  • メーカー
  • …など

まだまだ掲載出来ないくらい、魅力が沢山あり、とてもやりがいのある仕事です。

歯科衛生士になるには

  • 1

    歯科衛生士養成校(3年又は4年)を卒業することで歯科衛生士国家試験受験資格が与えられる。

  • 2

    歯科衛生士国家試験受験に合格し、厚生労働省へ免許申請・登録すると
    歯科衛生士としての業務を行うことができる。

歯科衛生士という仕事に少しでも興味を持っていただけた方は、
浜松歯科衛生士専門学校のHPをご確認ください。

浜松歯科衛生士専門学校
Page Top ▲